創始者の本とワークはATJ

ATJ・アレクサンダーテクニークジャパンには
FMアレクサンダー氏の本当のワークがあります。

お問い合わせ先:info@atjapan.jp

   

     

YOKOE,Daiju (DJ)


 Facebook「ATJ」
Twitter
 

FMのワーク関連から

1989年に初めてレッスンを受け、国内外でのワーク歴は30年になる。FM氏の全著作を翻訳し出版した。FM書店

すなわち日本語版タイトルで、第一作『人類の最高遺産』、第二作『建設的に意識調整するヒト』、第三作『自己の使い方』、以上風媒社で刊行、第四作『いつでも穏やかに暮らすには』電子書籍・「FM書店」刊、アマゾン・キンドルで取り扱い中だ。そして、書下ろし『アレクサンダーテクニークワークブック』風媒社で刊行、『マインドモデリング』電子書籍・「FM書店」刊・アマゾンで購入可能、音楽家として『自然に演奏してください』(Just Play Naturally)ビビアンマッキー著・風媒社刊がある。

その他も含めた経歴・「じこのつかいかた」
山とバンドマン、ときどき田んぼみたいな学生時代、’84年ヒマラヤ登頂、「神秘」体験が多いのは平地にいるときから酸欠だからだと云われた。国立大学農学部を数年後に卒業、外国語学部へ転入し、主にアジアの国際関係を学んだ後に中退。職業は、農業高校講師、’80年代後半から大手予備校において「不登校」生のスクールカウンセラーなどをしながら、同時進行で、舞台の表裏つまり演奏や大道具などをしていた。

アレクサンダーテクニーク初体験は1989年、山の事故で脊椎損傷し後遺症に悩んでいた頃だ。京都にいろいろなワークを紹介するグループがあり、別の治療系WSと思い込んで名古屋から出かけた。週末土日の合宿ワークで日曜になって初めて、当初に思っていたものではなく「アレクサンダーテクニーク(AT)」とやっとわかった。最初の教師はブルース=ファートマン氏と、もうひとりおられた。その後もちょくちょくワークに参加した。

’92年、アメリカ合州国にてオルタナティブスクール実地研修、テキサス州オースチン市郊外にあるグリーンブライア校などNCACS(全米オルタナティブ学校連盟)で教育とは、“Love and Peace”と確認、同時進行で米国南部にてロックバンド演奏旅行。
’93年、オルタナティブスクール名古屋エスクールを創設
’95年、NLPをリチャード=ボルスタッド氏から学ぶ。
’97年、地元グループで名古屋へ、自称アレクサンダートレーナー・ジェレミー=チャンス氏を招聘、STAT出身という触れ込みだったが後に経歴詐称と判明。「いやはやいっぱい食わされた」
2000年、アレクサンダーアソシエイツ(ATA)教師養成コース正式開校、入学、2003年卒業。
’04年、アレクサンダー教師として活動開始。南山大学人間関係学科、北陸先端科学技術大学院大学、台湾の台東大学体育学科など、各地でゲスト教師。英国オックスフォードで開催されたATコングレス(アレクサンダーテクニーク世界大会)に参加。これ以降、ほぼ毎年国際会議に参加。ビル=ブレナー氏と2年間に及ぶNLPトレーニング開始。
’05年、豪州スリーシスターズにおけるATAワークショップで客員教師。
’06年、ATJ:アレクサンダーテクニークジャパン、NLPJ:SHIN Code NLP、マインドモデリング、以上を正式設立(本部・名古屋市)。
’08年、スイス国ルガノ市で開催されたATコングレスで研究授業発表。
’09年、ATIスポンサー資格取得(有色人種初)、欧州の大学などでゲスト教師。
’10年、ATJ長崎校開始
’11年、AT Congress (於スイス)通訳及びコーディネーター
’13年、ATJ広島・岡山の各教室開始、およそ一年に一冊のペースで出版継続
’19年、創始者FM氏全著作4冊の日本版が出揃う。

国際組織での要職にあったけれども度重なる人種差別と人権侵害に抗議して辞任(後述)、日本におけるワーク普及に重点を置いている。 

NLPerとして
NLPはよく切れるナイフのようなもので、使い方が重要といわれている。 20年以上にわたって、神経系に言語などでプログラムをしなおしてきた背景を紹介しよう。
'90年代カナダ出身の英語教師に誘われて、とある大学で開かれたWSに参加した。 そのときのトレーナーAさんによると、健康になり生活が豊かになります、と。 しかしながらしばらく経ってその方は、何かの病気によって50代半ばで亡くなった。お気の毒に。
次のトレーナーBさんは、NLP創始者ジョン=グリンダー氏に弟子入りした80年代に 特別トレーナーとして認められたという触れ込みだった。私は二年間もその方と学んだのだが、ひょんなことから気になった他のWS参加者が直接グリンダー氏に問い合わせたところ、「B氏は様々な手法において優れた教師だが、私はトレーナーとして認定していない」との返事。最後は教室から逃走した。(カネまでちょろまかしよった。)
トレーナーC氏は2012年にNLP資格コースを手伝って欲しいと私に頼んできた。地元の国立大学で教鞭をとる言語博士でIANLP公認トレーナーというお墨付きだった。一旦コースを開始したけれども、力量不足で授業を進めることができず、資格コース途中で頓挫した。(カネまでちょろまかしよった。)

それにしても、植民地や階級格差を前提とした株主資本主義がある。共産主義は当初から暴力革命・一党独裁をうたっている。搾取を基礎とした戦争経済(あるいはどろぼう経済)にある。近代の原型は英国や欧州で発生した。その影響下で国家を成立させた米国や豪州などの住民も含め、よほど思い直した者でない限り、無意識的根底に染み付いた同様なグローバル価値観が存在するだろう。ある勢力にすれば、よその人種はゴイム・豚だとか、有色人など奴隷にすぎないとか、ただでこき使えばいいとかの考えになる。上記の ABC氏はいずれも英語圏出身のハクジンだった。

NLP創始者はもちろん、 皆さんご存知のように米国出身のハクジンであり、特にグリンダー氏は米軍将校だった。V・A・K(視覚・聴覚・体感覚)を分離したり再統合したりしながら、自ら学び直し組み直せば、素晴らしい道具になる。よく切れるナイフがあれば、釣れたての魚をさばくことが出来る。一方、周りの人間や自分に怪我をさせることも出来る。どちらが誤った使い方か断定できない場合もあり、もし戦闘中ならば、相手を刺さずに魚をさばいているわけにも行かない。

私は、アリゾナにあるミルトン=エリクソン財団を訪問するほどのファンで、尊敬とともにパールズやサティアの手法もたいへん有用に使っている。ベイトソン一家にはメンデルの法則の再発見に携わったおじいさまもおられ、グレゴリーにも生物学者としてマニア的な親近感がある。学べるのであれば、先生はハクジンでも黒人でも朝鮮人でも誰でも構わない。相手の道具をもらい、もっと腕を磨いてもっと上手な使い方をすれば、道具の質と目的を根底から変え、今までになかった様々な成果を上げられる。

SHIN Code NLP は切れ味抜群だ。他人に対して使うより、自ら自分自身という道具を高める使い方をお勧めする。身を削ぐこと、禊になろう。

Lessons in English are available.
Or contact me in Engnese.


上記以外の活動
様々な教育方法を研究・実践してきました。子供のオルタナティブスクール・ATJエスクール(旧名古屋エスクール)主宰、農業改良普及員、理科・農業・職業指導の中学高校教員免許、マインドモデリング(高速学習法)発案者、電磁波調和・ACH浄華師(オルタナティブ地理風水・ACHを伝える人)、熊野文化学研究会における民間信仰の研究など、およそ何でも屋として相談に乗りましょう。

 

 
 
 

ATIに対する対抗処置・2019:

抑制となれば、余計なことを無くす作業をすれば良く、こんな文書を載せる必要が無いに越したことはありません。誠に遺憾です。簡単にまとめますと、ATI・アレクサンダーインターナショナルは組織ぐるみで悪辣な攻撃、つまりネガティブキャンペーンを続けています。攻撃先はATJ・アレクサンダーテクニークジャパンです。当方の生徒や構成員に対する著しい人権侵害です。

2017年、未だ「ATJではヌード(裸体)でワークしているんですか」などと、米国ワシントン州シアトル市に短期留学していたATJメンバーが聞き及びました。私には誰が言いふらかしているか分りますが、ここで個人名は伏せましょう。しかしながらATJとしては、対抗措置を取らざるを得ません。事実関係を本ページで公表します。

2011年秋、横江大樹が生徒にセクハラ及びパワハラをしているという「告発文」がATI:アレクサンダーテクニークインターナショナル(本部・米国ボストン)に届きました。ATI倫理委員会を経て、横江にコピーが届きました。裸でワークをしているとかなんとか英文で書いてありました。手紙の差出人は連名とされていましたが、全ての筆跡を見れば、同一人物によるものとわかりました。内容は伝聞(つまり噂話)の域を出ず、写真や被害者の実名などといった確たる証拠は何もありません。

事実無根です。横江にもATJの生徒諸君にも身に覚えのないことです。その告発状は虚偽であり、単なるフィクションです。そうした旨を、実際に学んでいる生徒諸君や支持者から書面で頂き、横江はまとめてATIに送りました。しかし、それに対する返信はありません。

2012年春、ATI倫理規定に反したとして、横江はATI教師認定スポンサーを解任されました。同時に、もし処分に不服であり名誉回復を望むならば、横江自身で、そんな事実関係が無かったことを証明しろ、とATI執行部から指示されました。

2012年10月終盤にドイツのパペンバーグで開催されたATI年次総会に赴いた横江は、当時の議長・副議長と三者で面と向かって話しました。彼らはビデオ撮影しました。ボストン在住の副議長は関係資料の原本を送付する確約をしました。

帰国後すぐの同年11月、本件について横江の訴えから、愛知県警千種警察署は偽計業務妨害の届け出を受理し、捜査開始しました。海外の団体には日本の捜査権が及びません。そこで、警察からATIに対して参考資料を提出するように「依頼書」が送付されました。結局、何も返事がなく、2018年時点で時効が成立しています。

補足説明します。横江の手元にはATI倫理委員会より転送された「告発状」と称する手紙のコピーがあります。それを基に、刑事事件として警察が動き出したわけです。しかし、コピーでは証拠能力がありません。原本しか証拠になりません。それで原本を送付するようにと、日本の警察はATI本部へ依頼しました。目的は、日本の裁判所など公権力により、「告発状」差出人の住所や氏名の特定をし、さらに筆跡鑑定や参考人の見解を述べてもらうなど常識的作業を通して、事実関係を調べるためです。つまり本当にセクハラやパワハラがあったのかどうかを日本の司法が現地で確かめるためです。

結果は完全に逆転しています。ATI執行部の処置は捏造に基づき、ATIの公式発言は虚偽です。明らかな人権侵害をしているのはATI・アレクサンダーテクニークインターナショナルです。実行犯はATI倫理委員会及び当時の議長など執行部の数名です。後ろで指示したのは日本で荒稼ぎしたい連中で、ボストンやシアトルから何度も日本へ来られています。

背景があります。私は有色人種初のATI教師認定スポンサーであり、メンバーシップ委員会委員長という役職にありました。その関係から、ATI会計の具体的な数字を知るところとなりました。ATI会員から集めた会費を数名のメンバーが私的流用しているとしか思えないデタラメな数字を見つけました。私が確認作業をしている最中に、上記の偽旗作戦が起きました。

皆さん、よくお見知りおきを。

 


■ATJ(Alexander Technique Japan)

●本部/広島県広島市南区青崎1-17-28 健康ハウス
 Phone/090-9917-9271(819099179271 International)
 「青崎小学校前」バス停から徒歩3分

●広島教室/広島県広島市南区青崎1-17-28
 Phone/090-1874-4067 (Rie)
 JR広島駅新幹線口から徒歩で約15分 

●岡山教室/岡山市北区奉還町1丁目4-17 奉還町ビル401
   Phone/080-6314-1516 (Tomo)
 岡山駅西口から徒歩で約3分