創始者の本とワークはATJ

ATJ・アレクサンダーテクニークジャパンには
FMアレクサンダー氏の本当のワークがあります。

    誰でも、仕事に、日々の暮らしに、
最小のエネルギーで最大の効果をあげられます。
いろいろな問題を見つめます。

パフォーマー

アレクサンダーテクニークが盛んな英国では、RADA〔王立アカデミー演劇及び芸術学科〕やシェークスピア劇団で必修科目となっています。英語圏を中心に世界各地で大学などの高等教育に取り入れられています。近年、日本の大学でも取り扱うところが出てきました。

 私も世界各地の大学で教えたことがあります。しかしながら正直に言うと、アカデミズムはワークの邪魔です。過去のやり方を変えないならば、ワークを応用しようにも不可能です。

自然に演奏してください・Just Play Naturally』著者ビビアン=マッキーはスコットランド在住のベテラン教師で、パブロ=カサルス氏の愛弟子です。「皆さん、音楽性とか演奏技術とかよくおっしゃるけれど、このワークなしに本当の演奏なんてできるのかしらね」という記述があります。ワークを利用するかしないかで、パフォーマンスの質は雲泥の差になります。音色も表情も何もかもが変わります。

当方は彼女のワークを引き継いでいる全世界でも数少ない継承者のひとり、つまりカサルス流派です。ATJでは「JPNワーク」と呼称し、音楽家が飛躍的に演奏向上するためのレッスンで音楽の核心部までお知らせします。

弓を持つ腕や重い楽器を支える腰に痛みがあったり、演奏や公演後にひどく疲れたり、セリフが届き難かったり、芝居の後や歌ったあとに声がかすれたり、と、そんな方々にはアレクサンダーテクニーク教師はきっと救世主に思えるでしょう。しかし、一般のアレクサンダーテクニーク教師にカサルス流の教えは出来ません。別の訓練がいります。

問題点はなくとも、楽器の息づかいや操作性を向上したい方、ステージ上でより良い演奏や演技がしたいパフォーマーは、我らとそちらの方向へ行きませんか。

ワークにより、同じ人とは思えないほど美しくなるダンサーは世界中にいます。足首や腰の故障から解放されます。「踊る」というのが泣くほど痛いのを我慢して動くことだったのに、不具合がなくなりラクにスムース動けるならば、ダイナミックで繊細で優雅な動きにならないはずがありません。

例えば、「自然に演奏してください」をレゲエに応用するとこうなります。
つまり、アレクサンダーテクニーク・カザルス流音楽の核心・NLPなど総合してお伝えしている資料です。
http://www.youtube.com/watch?v=leA_wau7hew(富山のWSから)



 いろいろな問題を見つめます。