SHIN Code 神経言語
      ワークで何を学ぶか? 時間軸で追うと・・・・

     目標・目的をはっきりさせる
    まず自分が何を目標としているのかはっきりさせる。
    場合によっては無意識的に判っているが意識できないこともある。
    それがワークを通してくっきりしてくるのはエキサイティングでさえあります。



1.一般意味論 コージプスキー氏の理論と発展

* 現地を元に地図を作ることが出来る。
* 地図は現地ではない。
*地図を使って新たな地図を作ることができる。
この3点を念頭に置いて使っていけばより適切な行動を取れるでしょう。人生という現地を歩くときに、時にはSHIN Code NLPという地図を使って進むのですが、そのまとめを今エニアグラムというメタ地図を使って解説しているのです。


2.ミルトン=エリクソンの言語モデル
そこでちょっとだけ「ミルトンモデル」を使えば・・・。
人生のすべては催眠術であるということが明白なのでこの世に「催眠」術などは存在しないとしたら・・・。そしてもしあなたがSHIN Code NLPなどというたいそうな代物を学ぶことすら思いつかないのであれば、絶対に習ってはいけない。なぜなら、キラキラした光のようにあなたは絶対に幸せになるということに心地よく驚いてはいけないだろうから?

3.鋭敏に
鋭敏というのは、時間も速く感覚も鋭く知覚も敏感に使える人になるということでしょうか。 
怠惰にまかせてどうせやっても無駄だという先入観を持ち続け、知らず知らずのうちに出来ないようなやり方になって
そうやって多大な努力をしている人が多いようです。その無駄な努力をやめさえすれば、自然と鋭敏になるでしょう。簡単です。

4.グレゴリー=ベイトソンの発見
そんなダブルバインドがあったとして・・・。
やりたいけどやりたくないとか?いいけどだめとか?疲れない、そういうの?
バインドとは結び目で、それは解くことができるのです。
そのときにサイバネティクスを使えます。
失敗をもう一回(再)バネにして手をつくすのです。試行錯誤でどこまでも改善されていくシステムを作ります。メタファーです、

5.バージニア=サティアのメタモデル
もう少しはっきりした方がいいかもしれませんね、あなたは何時、誰に向かって説明しているの?今どう感じているの?
メタモデル使ってみる?自問自答も出来ますか?
5W1Hをはっきりしていくと、問題は自然に解決へ向かうこともよくあるのです。


6.柔軟に
頭を柔らかくするというのはどうする?
今までやってだめだった同じ方法を同じ状況で使ってうまく行きますか?多分ダメ?ならば何でもいいから違う方法を思いつきますか?それを試してみましょう。ダメならまた別の・・・。また別の。また・・・。楽しい?常に新しいよね?


7.フリッツ=パールズのゲシュタルトセラピー
地と絵を変えると・・・。例、結婚式に出席して。
私;あんな子が結婚して自分が独身なんて不公平でサミシイ。
Bさん;うまいね、ビールの次ワインにしよう。
Cさん;あのコ美人だ、声かけようかな。
Dさん;婿さんねえ、昔オムツ替えてあげたんだよ、やんちゃでねえ。
・・・と、同じ会場にいても誰一人同じ感想は持たないかも?
サミシイ人は寂しさを選んでもいいけれど、おいしい人のおいしさを選んでもいいのです。

8.X〔エックス〕;常に新しい情報に対し開かれておく
え~っと、0~7までが全然無かったらNLPと呼びにくいけれど、この8番も単独ではNLPと呼びにくいですね?だからSHIN Code NLP なのですか?へえ。
自己の使い方・在り方を学ぶアレクサンダーテクニークを土台とします。わりと使える手法が世界中に無限にあるのです。その都度選べます。  
例:マインドモデリング・エニアグラム・グルジェフワーク・アドラー心理学・ライヒアンワーク・バイオインテグラル・シュタイナー・神智学・地理風水・気功・指圧・老荘思想ヒーリングetc...


9.目標・目的をはっきりさせる
一周まわったんですね。初めの目標が達成される方向へ動きだしたらしめたもの。
新たに目標をもって進みましょう。

もしくは、エニアグラムの使い方で内側のラインに沿う方法もあります。そうすると時間軸を超えていけます。
9(新たな)目標達成のために。
1)自分自身の地図を変えることによって、 4)困ったダブルバインドを解くには、
2)自己暗示によって・・・・
エニアグラム自体の学びも面白いものです。


この続きはワークの実践中に学びましょう。