F.M.アレクサンダー(Frederick Mathias Alexander, 1869-1955)
によって開発された手法が広まるにつれ、
周りが呼び習わした名称が「アレクサンダーテクニーク」です。

FM Alexander in 1894 
とんでもない大失敗を逆手にとって利用して、不屈の精神で原因を追及し実験を重ねた結果、
アインシュタインやダーウィンに匹敵する20世紀最大の科学的発見をした男の話です。
アレクサンダーテクニークはたった一人の男が自己観察を続けて発見した事実から発展しています。

日本では江戸が東京と呼ばれるようになったころにオーストラリアのタスマニアで生まれた
フレデリック=マサイアス=アレクサンダー(FM)、彼は子供時代に素晴らしい大自然の中で植物や動物からも
たくさん「生命」を学びました。特に馬が大好きでした。
母親は助産婦で、急ぐ場合には近所の人が夜中でも呼びに来ました。そんなとき鞍をつけている暇など
ありません。彼女はパジャマのまま裸馬に跨ってさっそうと柵を飛び越えてお産に向かったのです。
息子がやんちゃで活発にならないわけが無いでしょう。
FMは聡明すぎて小学校の勉強がばかばかしくなりましました。  「不登校」でした。

幸いなことにある小学校教師は彼の才能を見抜き、個人教授をほどこし、
そこでの学習でFMはシェークスピアと出会いました。
「どうしても役者になりたい。」独立心の強い彼は10代で都会のメルボルンに赴き有望なスタートをしました。
ハンサムで野心家の彼はシドニーでもメキメキ名を上げていきました。

ところが・・・・・、
しばらくすると舞台上で声がかすれたり,出にくくなったりし始めました。
客席でもセリフの息継ぎのときにあえぎ声が聞こえるようになりました。なんとかしようと医者にかかりました。
数人の医師から言われたのは「君には安静が必要だね。」と。錠剤とのどスプレーもくれました。
それになるべく声を出さず、安静にしていれば少しは回復するようです。
そんなときに今迄で一番大きな舞台に抜擢されました。
医者の指示を守って、慎重に過ごし、いよいよ自分の一世一代の舞台へと立ちました。
結果は・・・。
始めは声が出ました。始まったらすぐにかすれてきました。そして、全く声が出なくなったのは、
お芝居の終演までまだ半分も行かないところでした。
「金返せ!」  「へたくそ」  「サイテー」Etc・・・。客から散々にののしられ、
役者としてバラ色の未来も絶望のどん底に変わりました。
 本人曰く、「私の落胆ときたら、言葉で表現できる領域をはるかに超えていた。」と。

しかし!ここからがFMの卓越したところです。
「とにかくなんとかしようじゃないか。」「医者にも治療のしようがないのなら,いっそのこと自分で原因の解明にのりだそうじゃないか」と。
普段は話せるのにステージで声が出なくなるのはきっと・・・、
ステージ上では自分が何か「特別なこと」をしているからだと推論して実験を始めました。
三面鏡のまえに立って台詞をしゃべる瞬間の自分自身を観察しつづけました。
1日何時間も、何ヶ月も続けるとようやく見えてきたことがありました。
朗誦しようと思った瞬間に、引き下げた頭が後ろに下に行き、喉頭を押しつぶし、あえぐ音が聞こえるほど
口呼吸で息を飲み込むように、自分でやっていました。もうしばらく観察すると、
実は、普段話しているときも、度合いが小さいだけで、同じ動作を繰り返している、と見えてきました。
一回ではたかが知れている小さな圧力でも、何回も何千回も積もり積もっていけば莫大な圧力になり、
そのせいで声が出なくなったのだ、とわかりました。
頭を引き下げているならば・・・
「その反対をすれば治るじゃないか」と大喜びしたのもつかのま、次の難関がやってきました。

やめようとしても他のことをしてしまうので結局なかなかやめられないのです。
首の後ろを伸ばそうとしたら首のほかのところが固くなったり、のどがしんどくなったり別の場所がきつくなりました。
頭・首・のどだけでなく、胸や胴体全体。脚から足、それからどんな役柄を演じているか、何を考えているか、
全部が相互作用していました。
一箇所だけ、つまり発声器官だけ変えようとしてもムリで、もとの木阿弥になるとわかりました。
観るに見かねて、弟のAR=アレクサンダーも調査に加わってきました。
「不要なことを止めて、必要なことをやる、そうすればいいのだ。だけどどうやって・・・?」

本人の記述で、
テクニークの核心部は:
64.これでもかというくらい多数の企てをやってこの問題を解決しようとし、様々な体験を得た。
そうした経験で証明されたのはたいそう価値があり興味深いことにも見えたが、散々やってみた挙句の果てに、
やっと私は次に述べる計画を取り入れることにした。
(註。以下の計画は単純な理論に過ぎないが、困難であると判明し、ほとんどの生徒が実践に手こずる。)
65.私が決意しワークしようとしていた欲しい「結果」とは、ある文章を話すことなのだが、
もしかしたら、自分が話し始めようとする際にもそれ以前と同じやり方を続け、変わることなしに進めたとしたらどうなるだろうと、
組み立てなおした。
(ⅰ)抑制する。
刺激に対して、どんな即時の反応もしない。今回の刺激は文章を話すというものだ。
(ⅱ)投影する。
順々に生じる方向へ行き、プライマリーコントロール(初めに起こる大事な調整能力)に向かう。
プライマリーコントロールによって自分は理性的に導かれた至高の存在となり、そこへ目標がもたらされ、
新しく改良された使い方で自分が話すというところに到着し、それから、
(ⅲ)継続して投影する。
いろいろな方向へ行けるから、自分を信頼し自分を有効にするところでやりつづけ、
望ましい方向へ行きながら働いて目標へ向い結果に至り、文章を話す。
66.ここに特別な瞬間があり、そこが常に重大であると判明したのは、
自分にとってその時こそが旧状に復しそうになる、つまり自分が元に戻って誤った古い習慣的な使い方がすぐにでも出てきそうになるからだ。
決定的瞬間にこそ、自分に変化が必要であり、古い手順を変更するには、
(ⅳ)決定的瞬間に、
同時に、ずっと継続して投影し、行く方向へ進み新しい使い方へ向かいながら自分をふと止めて、
意識的に再熟考し、自分の最初の決意を思いなおし、
「自分でやっぱり続けましょうか、結果を得ると自分で決意をしたように、文章を話しますか。
それともしないのでしょうか。それとも、他の結果を得られるように続けて、いろいろやって見ましょうか。」と自分にお願いをしてみる。
すると、その時に新鮮な決意をしなおすことになる。
(ⅴ)もしくは、当初の結果を得ようとはしない。
この場合それは、
自分で継続し行く方向は維持するように新しい使い方をやりながら、続けて文章を話すことはやらない。
あるいは、結果を変え、何か違うことにする。
例えば、文章を話すことの代わりに手を持ち上げることにすると、この場合それは、
自分で行く方向を維持し新しい使い方を継続しながら、運びとして最終の決意では、手を持ち上げることにする。
あるいは、続けて、最終的に初めの結果を得ることにしてみる。
この場合それは
自分で行く方向を維持し新しい使い方を継続しながら、文章を話すことにする。
(以上、私家版DJ訳「自己の使い方」第一章より、段落64~66)


緊張について。
必要な緊張と不要な緊張があります。全然緊張していない人は死んだ人です。
生物が生きているうちは必ず必要な緊張があります。ところが、ある箇所で不要な緊張をすると、本来の働きである必要な緊張が起きなくなります。
裏を返せば、必要な緊張が起きないから、そのせいでどこか補正しなくてはならなくなり、本来やるべき箇所ではないところが不要な緊張をやってしまうのです。
抑制が大切なのは当然です。ワークの核心部です。余計な緊張をやらない訓練が要ります。
同時にその一方で、必要なことをやる訓練も必要です。訓練=トレーニング、つまり、ラクだ~~、とか、楽しい・うれし~・気持ちいい~、と言っておられない厳しい訓練になる場合もあり、
その場合必要な努力は大変なものです。
FMのような天才でも、試行錯誤しながら何とか自分の面倒を自分で見られるようになるまでに丸十年間かかりました。
がんばるだけでもダメ、リラックスしていてもダメです。訓練が要る、ということで、いくら一所懸命やっていたとしても、
努力の方向を取り違えていたら、ますます悪くなります。
FM本人は、自分のワークを「意識的調整」と呼称し、そのために応用するテクニークがあるとしていました。
今日、習慣的に「アレクサンダーテクニーク」と呼ばれる手法は、意識的調整の一部であり、FMは住環境や食事、
学校や社会教育まで含めた全人的ワークを進めていました。

    とにかく、FMは1904年にロンドンに移住します。
演技や朗誦が飛躍的に改善された秘密を教えてほしいと、始めは舞台仲間が
彼の元に集まってきました。徐々に歌手・音楽家などに広がり、そのうち医者から見捨てられた人や心の悩みを持つ人も含めおよそ人類すべてにFMの発見やそこから導かれた原理の応用が有効で、
様々な良い効果をもたらすことがわかってきました。
1930年にはロンドンに子どもたちがアレクサンダー教育を学べる学校設立。
そんなわけで100年後の現在では世界中で約1万人の教師たちがアレクサンダーテクニークを教えています。

                 
一般の人からアレクサンダー教師になりたい人まで学べる
ATJ(アレクサンダーテクニークジャパン)です。

併設の「名古屋エスクール」は、「不登校」生も含め、
子どもがアレクサンダー教育を毎日学べる場所です


ATJ(アレクサンダーテクニークジャパン)では
オーダーメイドのワークが可能です。

一般の人からアレクサンダー教師になりたい人まで学べます。
トレーニングスクールを開始したい教師を応援するトレーナーコースもあります。
子どもがアレクサンダー教育を学べる場所としてATJエスクール(子どもコース)もあります。

子どもの健康な心とからだを育む

名古屋エスクール   ■F.M.アレクサンダーについては、ATKサイトもご覧ください。